1. HOME
  2. SPECIAL
  3. アースデイ 地球の事を考えて行動する日EarthDay ~The day we act for our planet~
SPECIAL

アースデイ 地球の事を考えて行動する日EarthDay ~The day we act for our planet~

SPECIAL

189

沖縄実行委員長 光永勇

 

日本でのアースデイの始まり

The Beginning of EarthDay in Japan

僕は藤本敏夫氏と、10代の頃から環境に関わる政治活動をしていました。その流れの中で、自然環境が人間にどういう影響を与えていくかを考えていました。 当時僕たちは「自然王国」という運動をしていたんです。自然を大切にする国作り、国境のない、垣根のない”国”を作ろうと活動していました。 沖縄自然王国から 僕は藤本氏とは、その前からの学生運動の友達で、僕は「沖縄自然王国・国王」として運動し、彼は「連邦国・国王」として、北海道、福岡、熊本などの各地で「連邦運動」を拡めていました。

藤本氏は、自然運動をしていましたが、「加藤登紀子の夫」と言われることに、非常にコンプレックスを持っていました。彼は逆に、「僕の妻が加藤登紀子なんだよ」と言い直していたのですが、現実には、元全学連委員長としか紹介されませんでした。彼は、そこを脱却したかったのです。

日本での本格的な環境運動へ 「加藤登紀子」という歌姫と、当時まだ名も無い「喜納昌吉」というミュージシャンと共に、藤本氏も立ち上がりました。

Me and my mate Mr.Fujimoto have been doing political activities since we were teens. During those times, we have thought a lot about how humans have affected the earth’s environment. At the time, we were doing a movement called “The Nature Kingdom”. “The Nature Kingdom” is a kingdom(country) which has no border and more nature friendly. From the nature kingdom of Okinawa, me and Mr.Fujimoto both ran individual movements where my one was the “Okinawa Nature Kingdom” movement, his movement was called the “Federation” movement and did all sorts of activities in places such as Hokkaido, Fukuoka, and Kumamoto.

Mr.Fujimoto has been doing nature movements but he had a bit sensitive over people calling him “the husband of Kato Tokiko”. He usually tries to rephrase it as “My wife is Kato Tokiko” instead but in reality, he was only introduced as “the formal head of the education committee”. He wanted to revoke that.

Along with his wife and Kina Shokichi (before he was famous), Mr.Fujimoto has also joined the movement to start a proper environmental movement in Japan.

「藤本も立ち上がった。加藤登紀子も立ち上がった。君も立ち上がれ!」というサブタイトルをつけて発信しました。 それに呼応して、日本全国から1万人の人が集まって来ました。 これからのアースデイ これは、アピール性のある「祭り」という側面もありますが、現在では、祭り一色になりつつあります。

ここで、もう一度この運動を考え直して捉えて行かなければならないという時期に来ているのではないでしょうか。

このままでは、環境破壊しながらも、金儲けができればよいと言うことになっていきます。 これまでは、電力会社も大スポンサーとして、この活動に参加して来ましたが、電力会社は、全て政治勢力と結びついています。エネルギーを扱っていることで、環境にクリーンで、CO2を排出しないと言って、原子力発電に結びついて行くわけです。
環境と言っていながら、僕たちの運動は原発推進派と反原発派に二分して行くわけです。今では「アースデイ」は、日本国内だけでも200〜300万人、世界中では5億人以上の人が参加するという世界最大の国境を越えた環境運動であり、「地球のことを考える」イベントが定着してきたということです。
これは、非常に重要なポイントになります。

We put a subtitle that saids “Fujimoto stood up! Kato Tokiko stood up! Now it’s your turn!!” And published it. As a response, 10thousand people have showed up all across Japan. EarthDay from that time might had a little bit of an appealing “festival” feel but at the current moment, it has become a festival more than a movement.

Maybe it is time to revaluate of what EarthDay is actually about.

If we keep going like this, we will have a deranged mindset where everything is ok as long as we have money, even if it destroyed the environment. We used to have large electricity companies that sponsors our EarthDay events but, we all know that electricity companies are strongly connected to the current government. I mean, our movement is literally spitted in to two with one side agreeing with the expansion of construction of nuclear power-plants and the other side opposing it. Now, “EarthDay” has 2 to 3 million supporters within the country and up to 500million supporters world wide spreading the “think about our planet” movement even more.
This will become a very important point.

nature vol.9 2012年6月18日発行
https://earthday.buyshop.jp/items/27268690

Amazon Kindle オンデマンド印刷
https://amzn.to/2T30FX5